072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 下痢のツボ  【伊丹市の鍼灸・整体院ならからだ工房ZERO】

症状別ツボのお話

下痢のツボ  【伊丹市の鍼灸・整体院ならからだ工房ZERO】

まず急性の下痢で考えられるのが暴飲暴食による下痢です。食べ過ぎた食べ物が、腸で消化しきれずに下痢になってしまいます。
また、過度なアルコールが腸を刺激して下痢になることもあります。
さらに、冷たい飲み物を飲みすぎたときにも、腸の粘膜の一部が刺激されて、大腸のぜん動運動が活発になりすぎてしまい、水分を吸収しきれずに下痢になります。
次に、ストレスによる下痢は、精神的な不安や苦痛、緊張によって自律神経のバランスが崩れると、腸が過敏に反応してぜん動運動が過度に活発になり、下痢が引き起こされると考えられています。
このストレスによる下痢の大半を占めるのが「過敏性腸症候群」です。
過敏性腸症候群は、検査ではまったく異常がみつからないにもかかわらず、腹痛を伴う下痢が続いたり、下痢と便秘を交互に引き起こしたりする症状のことをいいます。
また、食中毒による下痢は、O-157やサルモネラ菌、ノロウイルスといった細菌やウイルスが体内に入り、急性の下痢の症状があらわれます。
食中毒による下痢は、腸が水分分泌をして菌やウイルスを早く体外へ出そうとしています。
これを無理に薬でとめてしまうと、毒素が体内で停滞し消化管を傷める原因になります。
下痢のツボは、【梁丘】【崑崙】【中髎】です。

シェアするShare

ブログ一覧