072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 病因論について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

鍼灸、整体、カイロ、水素療法について

病因論について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

病因論

1)概要

  • 発病因子

外感…外因➡六淫(風・寒・暑・湿・燥・火) + 疫癘(伝染病)

病因 内因➡七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)

内傷 不内外因➡飲食・労倦・房事・外傷など

2)外感

(1) 風

① 陽邪で上部を犯しやすい。

② 衛気を犯しやすい。

③ 動きやすく、変化しやすい(遊走性)。

④ 百病の長

(2) 寒

① 陰邪で陽気を損傷しやすい。

② 気血を凝滞させて、痛みを起こす(凝滞性)。

③ 収縮・収斂の作用を持つ(吸引性)。

(3) 暑

① 性は炎熱=炎上性

② 陽邪で昇散、気や津液を損傷しやすい。

③ 湿邪を伴うことが多い。(暑=熱+湿)

(4) 湿

① 陰邪で下部を犯しやすい。

② 湿は重く、停滞する。(重濁性、粘滞性)

③ 湿は、脾胃を犯しやすい。

(5) 燥

① 陽邪で乾燥させる働きがあり、津液を損傷しやすい。(乾燥性)

② 肺を傷つけやすい。

(6) 火

① 上昇しやすい(炎上性)。

② 陽邪で、気や津液を損傷しやすい。

③ 生風、動血しやすい。

④ 腫瘍を形成しやすい。

(7) 疫癘

① 疫気・癘気・疫毒・疫邪・乖戻之気(かいれいのき)・瘟疫(うんえき)・毒気・戻気・異気・雑気 など

② 発病は急で、症状も重篤である。

3)内傷

(1) 内因

① 七情

特定の感情の過多は特定の内臓の疾病を引き起こす。

七情 憂・悲 恐・驚
内臓

陰証=裏・寒・虚証

※ 虚に乗じて外邪が侵入すれば、陽性の症状を現す。

(2) 不内外因

① 飲食    脾は運化を主り、胃は受納を主る。飲食の不摂生は、まず脾胃を損傷する。

② 労倦    五労・・・久行、久使、久坐、久臥、久立

長期間体を動かさないと、気血のめぐりが悪くなり、脾胃の働きが衰える。

③ 房事    房事不摂生は、腎精を消耗する。

④ 外傷    打撲、捻挫、切傷、骨折などがあり、外傷後は体内に悪血が停滞しやすい。

シェアするShare

ブログ一覧