072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 五臓六腑の六腑について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

鍼灸、整体、カイロ、水素療法について

五臓六腑の六腑について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

六腑

(1)胆【中正の官】

① 胆は、決断や勇気を主る。

② 胆は、精汁(胆汁)を蔵する。

③ 胆は、奇恒の腑のひとつである。

(2)胃【倉廩の官】

① 脾とともに消化吸収を行う。水穀の受納・腐熟を主る(水穀の海)。

② 通降を主る。

胃は、飲食物を受納・腐熟したのち、これを小腸に移すと同時に消化吸収する働きを持っている。

③ 降濁を主る。

水穀の精微は脾と小腸へ、不要物である濁気を大腸まで送る一連の作用をいう。

(3)小腸【受盛の官】

① 清濁の泌別を主る。

胃から送られてきた糟粕(飲食物のかす)を受け取り、内容物をさらに消化し、澄んだ清いもの(水穀の精微)と濁ったものに分け、清いものは脾を通して全身へ送り、濁ったものは蘭門で水分と固形分に分けられ、水分は膀胱へ、固形物は大腸へ送られる。

(4)大腸【伝導の官】

① 糟粕(そうはく)の伝化を主る。

(5)膀胱【州都の官】

① 貯尿・排尿作用を主る。

(6)三焦【決涜の官】

① 水液運行の通路。

② 体温調節作用、気血津液の調整作用、輸瀉作用の三つを行う。

シェアするShare

ブログ一覧