072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 五臓六腑の五臓について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

鍼灸、整体、カイロ、水素療法について

五臓六腑の五臓について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

五臓とは、心・肝・脾・肺・腎のことをいう。

(1)心【君主の官】   ※心包は、【臣使の官】

① 心は神を蔵し、五臓六腑を統括する。「生の本」「君主の官」「五臓六腑の大主」

② 心は血脈を主る。

③ 心の状態は、顔面の色艶に反映する。

④ 心は。舌に開竅する。

⑤ 心の液は汗である。

(2)肝【将軍の官】

① 肝は魂を蔵し、判断力や計画性などの精神活動を支配する。

② 肝は血を蔵す。

③ 肝は筋を主る。

④ 肝の状態は爪に反映する。

⑤ 肝は目に開竅する。

⑥ 肝の液は涙である。

⑦ 肝は疏泄を主る。肝気がのびやかであれば気も順調にめぐり、精神ものびやかで葛藤もなく、胆汁の分泌もよく、脾胃の消化を助ける。疏泄の働きが悪くなると気滞、精神抗鬱、イライラして怒りっぽくなる(肝鬱気滞)。

(3)脾【倉廩の官】

① 脾は営気を蔵し、後天の本となる。

② 脾は、運化・昇清・統血を主る。脾は胃と一体となって働き、飲食物の消化や吸収を司り、後天の精を取り出し、肺へ送り(昇清)、気・血・津液に変化して全身に送り出す(水穀の運化)。

統血とは、営気を脈中に送ることにより、血が脈外に漏れずに、順調にめぐるようにする働きである。

③ 脾は肌肉を主る。

④ 脾は口に開竅し、その状態は唇に反映する。

⑤ 脾は津液を作り出す。

⑥ 脾の液は涎である。

(4)肺【相傅の官】

① 肺は気を主り、心を扶けて、臓腑や器官の働きを調節する。

② 肺は皮毛を主る。

③ 肺は鼻に開竅し、その液は涕である。

④ 肺は宣発・粛降を主り、水の上源となる。宣発とは濁気を吐き出したり、津液と気を全体に散布したり、腠理を調節することを指す。粛降とは、清気を吸い込んだり、津液を腎・膀胱に下輸したり、気道を清潔にすることを指す。

(5)腎【作強の官】

① 腎は、精を蔵し、生命力の根源である原気をもたらす。

② 腎は、津液(水)を主り、全身の水分代謝を調節する。

③ 腎は、骨を主り、その状態は髪に反映する。

④ 腎は、耳と二陰に開竅する。

⑤ 腎の液は、唾である。

⑥ 腎は、納気を主る。

肺は呼気を主り、腎は吸気を主る。

臨床 腎不納気;少し歩いただけでも息切れする。呼吸困難

シェアするShare

ブログ一覧