072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 気・血・津液の関係について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

鍼灸、整体、カイロ、水素療法について

気・血・津液の関係について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

(1)気と血の関係

① 気は血の帥・・・気の血に対する3つの優位的作用をいう。

1.生血「気は血を生ずる」

臨床 気虚が進行すると血虚を起こしやすい。

2.行血「気は血を行(めぐ)らせる」

臨床 気虚あるいは気滞が起きると、しばしば血行不良となり、血瘀へと発展することがある。

3.摂血「気は血を摂す」

臨床 気虚により摂血作用が低下すると、各種の出血症状が出現しやすくなる。

② 血は気の母

臨床 大出血、大量の汗は気を消耗させる。

③ 気は陽に属し、血は陰に属す。

(2)気と津液の関係

① 津液は脾胃によって水穀から生成される。したがって、脾胃の気が盛んであれば津液の生産性は充足するが、脾胃の気が虚弱になると津液は不足する。

シェアするShare

ブログ一覧