072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 西城秀樹さん死す~脳梗塞後遺症の緩和と整体・鍼灸治療について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

治療所感

西城秀樹さん死す~脳梗塞後遺症の緩和と整体・鍼灸治療について    【伊丹市の整体・鍼灸院ならからだ工房ZERO】

西城秀樹さんが5月16日急性心不全のため亡くなられた。私と誕生日が同じなので親近感を感じていました。大変情熱的な歌いっぷりが大好きでした。西城さんのCDも持っていて、最近でも同年代の患者様が来られると時々聴いていました。

48歳の時、脳梗塞で倒れられ、その後リハビリや再発等闘いの日々だったと思います。

当院にも脳梗塞後遺症の緩和に来られる患者様が何人かいらっしゃいます。当院開設以来当初の1か月間は週1回、その後は2週間に1回欠かさずに来院されています。その方は丹波中探した挙句適当な治療をしてくれるところが見つからず、途方に暮れていたところ、当院の開設に伴う新聞広告を見て来院されました。右半身麻痺がありながらも当院の継続的なリハビリを続けている限りは、日常生活に支障なく過ごせています。事実、今のその方の体は、1年半前に最初に来られた時と比べて、関節可動域が広がり柔軟性も随分向上しました。

その他、3名ほどが脳梗塞経験者(後遺症が殆ど見られない方もいる。)の患者様で来院されています。鍼灸治療や整体で対応しておりますが、皆さんに好評です。

今、新たな患者様で少々鉛管現象を起こしておられる方がお見えです。この方にも整体や鍼灸治療によってこれまでと同様の施術を施してきましたが、首などには著しい効果を発揮し、良く回るようになりました。しかし、手足の鉛管現象にはゆっくりとした回復が見られますが、もっとスピードアップする治療を確立したいという願望を私自身持っております。鉛管現象対策に水素療法がどんな効果を発揮するか、次回のこの患者様の施術は水素療法を中心にした方法で行う予定です。

シェアするShare

ブログ一覧