072-779-8615

ブログBlog

Blog

072-779-8615

営業時間

9:00~22:00
(電話受付は8:00より)

定休日

不定休

ホーム > ブログ > 事例2;ひどい腰痛の60代男性の手記です。(原文のまま)  【伊丹市の鍼灸・整体院ならからだ工房ZERO】

施術事例(お客様の手記)

事例2;ひどい腰痛の60代男性の手記です。(原文のまま)  【伊丹市の鍼灸・整体院ならからだ工房ZERO】

農業   男性   69歳
腰痛のため、3年前から本市や他市の整形・整骨院に通院するも効果なく、時には車から降りることも出来ず車いすで玄関まで迎えに来てもらう状況でした。
何をする気力も失ったような辛い毎日・・・。気晴らしに好きな日曜大工・竹細工で時間つぶしも姿勢が悪く更に悪化、夜中には数回両足がこむら返りになり不眠症に・・・。ある時、新聞掲載の広告で奈良の病院でレーザー手術を受けるために足を運びましたが手術の必要なしでリハビリと薬の治療のみ、奈良までの通院は遠く京都の病院の紹介を受け、週一で通院と自宅でのリハビリも一カ月余り経過するものの効果なしで途方に暮れていました。昨年は水稲もやめ農地は遊んだまま・・・。ズボンは椅子に座るか柱にもたれないと穿くことが出来ない辛い日々・・・。そんな中、昨年の4月に姫路の友達がお見舞いに漢方薬を持参してくれ、その漢方薬が少し効き無理をしない程度での生活ができるようどうにかこぎつけました。

そんな時、新聞広告で「からだ工房」を知り、騙されたつもりで8月に通院、1回の治療で嘘みたいに足腰が軽くなり、治療直後に屈伸するも何の補助機材を使わなくても出来るではありませんか。嬉しさの余り思わず先生ありがとうの言葉が口から自然と出てきました。
それ以後はこむら返りに襲われることなく熟睡・・・。愛犬の散歩にも余裕が出来、コースも以前より長くなり犬も大喜び・・・。ズボンも片足で立って穿くことが出来るようになり感謝しています。

この喜びを近所の青年に報告し「丹波からだ工房」のチラシを手渡しました。その青年も早速通院し、「今までの痛みが嘘みたいや。もっと早く知っておれば苦労せずに楽が出来ていたのに・・・。」との報告を受けました。また、彼の奥さんからは、「通院した日に目の前で主人がサッと立ち上がる姿に驚き、夢を見ているようで、もう一度立ってみてと言いましたが、夢ではなく現実でした。そして、主人に向かって思わず拍手しました。本当にありがとうございました。」とのお礼の報告を受けた時は自分の事の様に嬉しかったです。

苦しんだ3年間は何だったのか、家族、周囲に心配をかけた分を取り返す覚悟で頑張ります。

こんな素晴らしい先生が本市に居られることを市民として誇りに思い尊敬すると同時に感謝し厚くお礼を申し上げます。「先生万歳!」今後とも頑張って一人でも多くの患者を救ってあげて下さい。

シェアするShare

ブログ一覧